FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育児休暇

昨夜、子ども達を寝かしつけて何気にテレビをつけたらNHK教育の番組で育児休暇のパパの事例を挙げていた。
どうやら『お父さんも子育てに参加』を掲げているようだ。
司会のつるの剛士(元ウルトラマンダイナ)さんが育児休暇を利用して子育てに奮闘するお父さんのVTR を見てしきりに「頭が下がる」と絶賛してたな。

いろいろ良いコトを言っていて、なかなか興味深い内容だった。

しかし…ちょっと、この『男の育児休暇』の部分だが、ここだけ妙に引っ掛かった。

--------------------------------------------------------------------------------

正直言って、これを見ていて思ったのは、


「・・・アホくさ」


ってことだ。


というか、本音で言えば「羨ましい」なんだけど。



まぁ、これは俺の個人的な考えなんだが・・・

確かに、一部の子どもに無関心な不良親父らにはいい勉強になっただろう。

なにしろこのパパさん、何ともすばらしいパパぶりだ。

子どもたちに関しては比較的放任してる俺は非常に感心した。

しかし、問題はそこじゃ無い。大事な点がスッポリ抜けている。

それは・・・今の世の中、彼のように母親がしているような具体的な子育てに協力したくても出来ない層の父親達の方が圧倒的に多いという事実だ。



少なくとも、俺の周りでこういう制度を利用した人・またはできた人はお目掛かったことがない。

国政の一貫として育児休暇制度があったところで、この不況下の中では、実際はそれを利用できない中小企業の方が遥かに多いだろう。こちらもそれを言い出したくても言い出せない現状がある。

国や法律は会社の損失を補ってくれたりはしないんだから。(一部稀に銀行などの例外あり)


『長期休暇はクビ覚悟』


これが現実だ。


リストラされたら我々は明日の心配をしなきゃならんのだよ。


たとえ法改正されたとしても、現状で中堅社員や契約社員に育児休暇なり長期休暇なりを与えるくらいなら、会社は新しい人材を探すだろう。
もっと言えば、デキル社員程休ませたくはない。
俺が上司だったら、今の仕事や会社の現状をふまえたうえで、即戦力が長期間現場を離れるということが会社にどれだけダメージを与えるか考えたら、とてもじゃないが休暇なんて許可できない。
それに、休暇中の給料のなどの保障の問題もある。

各社生き残りに必死なこのご時世、働けない人を半年以上待つ余裕のある企業なんてほんの一握りしかない。
そして、育児休暇なんか取れない、そんな中小従事者が日本の半分いやそれ以上を占めているわけで。

そこに視点を置かないで理想ばかり掲げたところで、そんなものは『絵に描いた餅』に過ぎない。

育児休暇を取れるということは…
『勤めている会社そのものに体力と理解がある』
『職場に自分の穴を埋められるだけの人材が豊富にいる』
『嫁さんがある程度稼げる人である』
などという条件を満たしたほんの一握りの余裕のある方々だと思う。

幸運にも育児休暇が取れた方々は、それだけ幸せな労働環境に自分がいるんだということも自覚してもらいたいもんだ。
たとえ、それにともなって子育ての苦労を実感したとして、それでも文句をたれてはいけない。
それは普段はなかなか味わえない良い経験として受け入れるべきだ。
なぜなら、その辛さは全ての子供を持つ主婦たちが経験し、日々実感してる事実なんだから。

※2005年6月5日の過去のブログから抜粋

--------------------------------------------------------------------------------

正直言って、これを見ていて思ったのは、


「・・・アホくさ」


ってことだ。


というか、本音で言えば「羨ましい」なんだけど。



まぁ、これは俺の個人的な考えなんだが・・・

確かに、一部の子どもに無関心な不良親父らにはいい勉強になっただろう。

なにしろこのパパさん、何ともすばらしいパパぶりだ。

子どもたちに関しては比較的放任してる俺は非常に感心した。

しかし、問題はそこじゃ無い。大事な点がスッポリ抜けている。

それは・・・今の世の中、彼のように母親がしているような具体的な子育てに協力したくても出来ない層の父親達の方が圧倒的に多いという事実だ。



少なくとも、俺の周りでこういう制度を利用した人・またはできた人はお目掛かったことがない。

国政の一貫として育児休暇制度があったところで、この不況下の中では、実際はそれを利用できない中小企業の方が遥かに多いだろう。こちらもそれを言い出したくても言い出せない現状がある。

国や法律は会社の損失を補ってくれたりはしないんだから。(一部稀に銀行などの例外あり)


『長期休暇はクビ覚悟』


これが現実だ。


リストラされたら我々は明日の心配をしなきゃならんのだよ。


たとえ法改正されたとしても、現状で中堅社員や契約社員に育児休暇なり長期休暇なりを与えるくらいなら、会社は新しい人材を探すだろう。
もっと言えば、デキル社員程休ませたくはない。
俺が上司だったら、今の仕事や会社の現状をふまえたうえで、即戦力が長期間現場を離れるということが会社にどれだけダメージを与えるか考えたら、とてもじゃないが休暇なんて許可できない。
それに、休暇中の給料のなどの保障の問題もある。

各社生き残りに必死なこのご時世、働けない人を半年以上待つ余裕のある企業なんてほんの一握りしかない。
そして、育児休暇なんか取れない、そんな中小従事者が日本の半分いやそれ以上を占めているわけで。

そこに視点を置かないで理想ばかり掲げたところで、そんなものは『絵に描いた餅』に過ぎない。

育児休暇を取れるということは…
『勤めている会社そのものに体力と理解がある』
『職場に自分の穴を埋められるだけの人材が豊富にいる』
『嫁さんがある程度稼げる人である』
などという条件を満たしたほんの一握りの余裕のある方々だと思う。

幸運にも育児休暇が取れた方々は、それだけ幸せな労働環境に自分がいるんだということも自覚してもらいたいもんだ。
たとえ、それにともなって子育ての苦労を実感したとして、それでも文句をたれてはいけない。
それは普段はなかなか味わえない良い経験として受け入れるべきだ。
なぜなら、その辛さは全ての子供を持つ主婦たちが経験し、日々実感してる事実なんだから。
スポンサーサイト

Comment

ホントに卒業しやがった!!

カズヤって俺の下僕にネタで童 貞売るサイトhttp://d-pre.501.jp/pLSwdtBd.html入らせたらマジで卒業してきやがった!!
しかも相手、うちの姉貴とかマジでありえねぇよ!!
あぁ、俺も童 貞なら売るのに・・・・・・○| ̄|_

ちょっと聞きたいんですが。

いままで風俗とかでも若い子しか興味なかったけど、コレやって人妻に目覚めたかも。。。
テク凄いし、全部やってくれるから楽でいいし、何よりもマジ工口すぎ!!あと、金がかからん・・・・・・ってか、こっちが色々貰っちゃってるしww
http://go.2ch2.net/u/DtZpyn?ovsqcuk

ちょwハッスルしすぎww

女って本気で逝く寸前、おマ○コぶるぶる震えんのな!ww
汁が顔面直撃してビビったわ!!まぁ報酬プラス1万してくれたから別にいいけどwww
http://hevry.net/m_wo/i354rsi

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。